So-net無料ブログ作成
効果情報 ブログトップ

生薬のめぐり湯の効果は何に効くのか? [効果情報]

生薬のめぐり湯の効果はどんな症状に良いのか?


ざっくりした質問になるけど、
答えはいろいろな症状に効果があると言えるね。


例えば、

・冷え
・むくみ
・肩こり
・疲労
・ニキビ


・・・などなど。


どれも女性に多い症状であり、
女性特有の症状に効果があると言えるよ!


生薬のめぐり湯はオールマイティに使えるって感じだね。




そんな生薬のめぐり湯に効果があるのは、
名前にもある生薬を配合しているから。


・紅花
・生姜
・唐辛子
・艾葉
・大茴香


・・・などがそう。


これらの作用で血行を良くしたり、
リンパの流れを良くしたりする効果が期待できるんだよ。


冷え性やむくみ、肩こりなどの症状は、
こういった血流やリンパの流れが悪いから起こる事が多い。


だから生薬のパワーで血行促進させたり、
リンパの流れを良くすることで改善が期待できるってワケ。


生薬のめぐり湯なら入浴するだけで効果が得られるので、
改善も手軽にできると言えるね。


生薬ってスゴイ!




ちなみに、
生薬のめぐり湯の効果を最大限に生かすなら、
ぬるま湯に入れて20分以上浸かることがオススメ。


こうすることで副交感神経というのが優位に働き、
血流やリンパの流れがアップするみたい。


オマケに半身浴効果もあるので、
発汗作用やデトックス作用も期待でき老廃物も排除。


体も肌もスッキリできるみたいだよ。


生薬のめぐり湯を使って損はなさそうだね。


毎日使って、
女性特有の症状の改善をして行こう!


お風呂に入るだけで良いのも簡単でオススメ。


⇒ 生薬のめぐり湯の詳細はこちらから!








生薬のめぐり湯の効果的な使い方とは? [効果情報]

生薬のめぐり湯の効果的な使い方をご紹介。


生薬のめぐり湯は紙パックタイプになっており、
このパックをお湯に入れて使うことになる。


1回1パックって感じでね。




生薬のめぐり湯はまずぬるま湯に入れることから始まるよ。


40度以下のお湯がオススメ。


このお湯に生薬のめぐり湯を入れたら、
パックが破れない程度にしっかり揉むこと。


揉むことで中の生薬が出て来るからね。


軽くだけどしっかり揉んで、
有効成分をお湯に浸透させて行こう!




その後はあなたがお湯に入ればOK。


ゆっくり浸かるのも良いし、
マッサージをするのも意外とオススメ。


リラックスしながら、
生薬の成分を肌に吸収させて行ってくださいね!


⇒ 生薬のめぐり湯の詳細はこちらから!







肌が弱いけど使えますか? [効果情報]

生薬のめぐり湯は肌の弱い方でも使えるよ。


敏感肌や刺激に弱い肌の方って多いけど、
生薬のめぐり湯は特に問題なし。


むしろお湯の温度の方が大事で、
あまり熱いお湯に入ると肌にはよくないので覚えておいて!


オススメはぬるま湯に入って使うことだよ。




生薬のめぐり湯を使うのなら、
40度以上のお風呂には使わないようにしてね。


40度以上のお湯に浸かると、
肌の油分が落ちて肌のバリア機能が低下。


肌が乾燥したり刺激に弱くなるのでダメ!


お風呂は38度から40度以内のお湯に入ろう。


この温度なら肌の油分もキープされ、
肌のバリア機能も正常に働くから。


生薬のめぐり湯を使う使わないに関わらず、
肌が弱い方は熱いお湯に入るのはNGだからね!


半身浴に良いとされるぬるま湯がベストだよ。


⇒ 生薬のめぐり湯の詳細はこちらから!







効果情報 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。